ホメオスタシスとは

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

当サイトで推奨しているTPIEというセルフコーチングプログラムにおける様々な専門用語の解説記事になります。

今回は『ホメオスタシス』についての解説になります、当サイトでの学習にあたって基礎知識の確認にぜひご利用ください。

自分の「安全な世界」に引き戻す生理的な力

ホメオスタシスは『恒常性』や『恒常性維持機能』と呼ばれる生物学上の重要な概念です。

簡単な表現をすると『自分の体を自分の心地いい状態に保ち続けようとする機能』の事だと捉えてもらえると分かりやすかもしれません。

人間の体で例えるなら、冬になり体が冷えるとガタガタと震えて体温を上げようとし、夏になり体が熱くなると汗をかいて体温を下げようとするのが一般的なホメオスタシスの働きです。

生き物には共通して「健康を維持して、次の子孫を残したい」という基本的な目標があり、ホメオスタシスは基本的にその目標を達成できるように体の機能を保ち続けてくれます。

そういった役割を表現するために生物学や心理学上、ホメオスタシスという言葉が使われてきましたが、コーチングの分野では情報空間における『恒常性維持機能』についてもホメオスタシスが同様に働くことから、ストレスなく目標を達成するための方法論の一部として活用されるようになりました。

情報空間の恒常性を表現するサイバーホメオスタシス仮説

元々、生物学的な『恒常性』を表していたホメオスタシスですが、人間の認知を解明する認知科学が発展した結果「人間の脳には生物学的な部分を超えて、情報的な空間であってもホメオスタシスの機能が働くんじゃないか?」と考えられるようになりました。

例えば、初対面の人の家に始めて招待された時の自分と、自分の家で寛いでいる時の自分の感覚の違いを感じると分かりやすいと思います。

まだ打ち解けていない初対面の人の家に招待されると大抵の人は緊張して固まりがちになりますよね。

生物学的にホメオスタシスと言った時は基本的に「健康を維持する、次の世代を生む」ために働くと冒頭で解説しましたが、この例では明らかに『命の危険があるわけではないのにホメオスタシスが働いています』。

TPIEのコーチングプログラムではこの『情報空間に影響するホメオスタシスの働き』を活用して目標を達成させます。

情報空間の快適な場所を「自分のなりたい自分」にフォーカスする

ホメオスタシスは簡単に言えば『自分の心地いいところに戻ろうとする心の力』です。

例えば、あなたが年収300万円のサラリーマンで平日5日間はキッチリ8時間働いて仕事終わりにはほどほどにお酒を飲んで寝る。土日は休みで、土曜は少しアクティブに遊び、日曜はなるべくダラダラする。という生活をしていればホメオスタシスはなるべくその1週間を規則的に続けて維持します。

自分の心身が心地よく居られる物理的、情報的それぞれを含めた空間をコーチング用語で『コンフォートゾーン』と呼びますがホメオスタシスは、自分がコンフォートゾーンから離れないように維持するよう徹底して働きます。

もし、あなたに長年目指しているもの、憧れているものがあり、いくら自分を変えようと頑張っても叶えられないと悩んでいるのであれば、ホメオスタシスが『あなたが苦しまないように、なんとしてでもあなたが変わらぬよう働いているのかもしれません』。

基本的にホメオスタシスは『自分の命を守るための力』であり、今までの自分から変わろうと思っている、ということは命懸けで自分と闘う必要が出てきます。

そうなると、まず殆どの人は変わりたくても変われません。
言葉のまま、変わらなければ死ぬような場合でなければ変われないのが人として自然なのです。

TPIEのコーチングプログラムは、このホメオスタシスの働きを逆に活用し、命懸けでもないと変われない人を「ストレスなく自然に目標を達成してしまう」ような状態にしてしまいます。

なぜ、それができるのか。

その答えは『自分の心地いいところ』を『自分の目標を達成している自分』に変えることができるのが最大の要因です。

例えばダイエットの例で言えば体重55kgの人は55kgがコンフォートゾーンになっています。

50kgを目標としてダイエットをしたとして、実際に-5kgの減量に成功したとしてもすぐにリバウンドしてしまう人がいるのは一時的に体重が下がったとしてもコンフォートゾーンが55kgに設定されているとホメオスタシスが50kgではおかしいと感じて体重を増やそうと無意識に働く事が原因です。

これをTPIEのコーチングはコンフォートゾーン側から働きかけます。

体重55kgの人に対して『自分の快適な状態は体重50kgだ』と確信させる事でホメオスタシスは逆に『体重が5kg多いのはおかしい』と感じて命を守るために無意識が全力で減量を始めます。

これが努力せずとも目標を達成してしまうTPIEのカラクリです。

そして、『どうやって自分の快適な状態を変えるのか?』と言えば代表的なのが『アファメーション』です。

アファメーションは簡単に言うと、自分で肯定的な言葉を作り、自分に語りかける事で『自分の臨場感を目標達成している自分』に移す技術で、習慣的に正しく続けるだけで自分のコンフォートゾーンが変わり、自然と目標を達成し続けます。

ホメオスタシスを理解し活用する事でどう目標を達成させるのか、ご理解いただけたでしょうか?

この記事がTPIEを学ぶ方、コーチングやセルフコーチングに興味を持ち情報収集している方にとって有益なものになれば幸いです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pocket
Pocket
Share on pinterest
Pinterest
ホメオスタシスとは

当サイトで推奨しているTPIEというセルフコーチングプログラムにおける様々な専門用語の解説記事になります。 今回は『ホメオスタシス』についての解説になります、当サイトでの学習にあたって基礎知識の確認にぜひご利用ください。

ドリームキラーとは

当サイトで推奨しているTPIEというセルフコーチングプログラムにおける様々な専門用語の解説記事になります。 今回は『ドリームキラー』についての解説になります、当サイトでの学習にあたって基礎知識の確認にぜひご利用ください。