プロモーションアフィリエイトとは

新田祐士さんが提唱されている『プロモーションアフィリエイト』という手法についての解説記事です。

私のサイトで紹介している『新世界アフィリエイト』や『Cyfons -新世界スクールシステム-』それぞれに深く関わる、というより一言で表すなら

『新世界アフィリエイト』→プロモーションアフィリエイトの教科書

『Cyfons -新世界スクールシステム-』→プロモーションアフィリエイトの実践道具一式

と言えるような役割の違いがあります。

新世界アフィリエイトを購入したとしても、Cyfonsを購入したとしても、行うことはプロモーションアフィリエイトの実践です。

ここでは私のサイトにある『新世界アフィリエイト』と『Cyfons -新世界スクールシステム-』それぞれの紹介・考察記事を踏まえながら、総括して『プロモーションアフィリエイトとは何か?』を解説します。

読者を『自分の世界』に惹き込むための方法論

プロモーションアフィリエイトの教科書のような存在である教材が『新世界アフィリエイト』と名付けられていることからも読み取れる部分ですが、プロモーションアフィリエイトの基本的な考え方としては、競合しているアフィリエイターと同じ土俵で戦う事無く自分だけの世界を演出し『自然と、自分や自分が作る世界に付加価値を感じて貰いながらアフィリエイトや自分が提供するサービスの販売に繋げる』ことが基本になります。

アフィリエイトビジネスと言われると一般的には『自分のサイトやメルマガで商品の紹介や批評をしながら購入を促して終了』というような流れをイメージすると思いますが、プロモーションアフィリエイトの場合はあくまで『アフィリエイターが用意した新世界(独自コミュニティ)に入って貰うこと、自分の演出した世界観を楽しんでもらうこと』がメインにあり、商品のアフィリエイトはあくまでコミュニティに入る為の最初のきっかけで、その後の購入者との深い関係値作りに重きを置いていることが通常のアフィリエイトと比べると大きな違いになってきます。

始まりは新田祐士さんが販売している『新世界アフィリエイト』から

先ほどからプロモーションアフィリエイトの教科書のような役割を持つ教材として『新世界アフィリエイト』という教材を挙げていますが、そもそもプロモーションアフィリエイトという手法自体が2012年5月14日にこの教材が発売されたのをきっかけに広まった手法です。

当時、情報商材のアフィリエイトを行う場合は基本的に情報商材を実際に購入し、実践した内容や結果を解説、教材の再現性や実際に稼げた具体的な金額をレポートしながら情報商材のレビューをすることで自分のサイトから教材を買ってもらう、いわゆる『レビューサイト』を使ったアフィリエイトが主流でした。

情報商材の世界自体が、言葉を選んで表現すると『当たり外れの激しい世界』であり、時代が進むにつれてインターネットに対するリテラシーの平均値が急激に上がった事とも関係して、今でこそ酷すぎる冗談のような情報商材は目にしなくなってきましたが、時代を遡れば遡るほどそういった冗談のような情報商材も多く目にする状態だったため、実際にお金を払って体験した『生の感想』がとても重宝されたことが『レビューサイト』を使ったアフィリエイトが主流になった要因です。

広告費の高騰から今ではWEB業界全体で『コンテンツマーケティング』が注目を集め、信憑性の高い有益な情報を発信し、検索エンジンと閲覧者それぞれの信頼を得る事が当たり前のように重要視されていますが、情報商材などを扱うアフィリエイター界隈では『レビュー型のアフィリエイト』や、簡単なペラサイトと呼ばれるようなサイトを量産してアフィリエイトすることの対になる表現として『パワーサイト』という言葉が使われ、1つのサイトで特定のジャンルを深堀りしたコンテンツを用意し、読者の信頼を得ながら商品の購入に繋げるアフィリエイターの一派がいました。

ただ、そんな特定の商品を紹介しているアフィリエイターが増え続け、しかも『一斉に同じ商品を販売している』ことから競合したアフィリエイター同士の争いが激しくなっていき、「あなたも稼げます、私から購入してくれるなら特典も豊富に用意して親切にサポートしますよ」と言いつつ、客観的に見たら後発組であればあるほど先輩アフィリエイターとの差が激しく、新しくレビューサイトを立ち上げたとしても相当厳しい状況からのスタートを強いられるようになっていきます。

そんな一連の時代の流れがある中、特に外注も雇わず一人でのびのびと数千万単位のアフィリエイト報酬を稼いでいたのが『新世界アフィリエイト』の制作者である新田祐士さんでした。

新田祐士ってどんな人?

新田祐士さんの説明もここで簡単にしておきます。

もともと『みんてぃあ』というハンドルネームでネットビジネスを行っていた方で、新世界アフィリエイトの発売開始から数年後に本名で活動されるようになりました。

ざっくり言えば、大学生時代に軽い気持ちでネットビジネスに触れて、そこから成功し大学を中退してネットビジネスで独立した人ですね(笑)

ざっくり過ぎるかもしれませんが公式サイトがあり、その中で生い立ちなども紹介されているのでぜひご覧ください。

もともとロジカルな考え方の人なんだと思いますが、コピーライティングやサービスを用意して販売するまでの企画力など総合して凄く強みの多い人なのが分かるかなと思います。

経済的自由を謳いながら自分の身を削り続けるプラモデル型アフィリエイト

先ほど、少し触れた『レビュー型アフィリエイト』もそうですがアフィリエイト手法の中で大きく分けて2つに分類すると

誰でも教材に沿って実践する事で一定の成果が見込める『プラモデル型アフィリエイト』

教材でマインド論や抽象的なビジネス論を学び、自分のやり方を生み出す『手作りアフィリエイト』

の2つがあります。

自分なりの例えですが、アフィリエイトのノウハウを教えているような情報商材をいくつか見比べてみるとはっきりと違いを感じれるはずです。

前者の特徴は「あなたになんの取り柄も無かったとしても、凄く簡単で教材の手順に沿って実践を続けていれば収入に繋がりますよ」というのが一番の推しになっている所です。

個人的な印象ですが『顔出し、声出し、機材なしでも稼げるYouTubeアドセンス』や『芸能人のゴシップなどに合わせて無料ブログで時事ネタを用意しアドセンス広告を踏んでもらうタイプのトレンドブログ型アフィリエイト』が『プラモデル型アフィリエイト』の代表例だと思います。

後者の『手作りアフィリエイト』に関しては代表として挙げるならプロモーションアフィリエイトそのものが『手作りアフィリエイト』に該当し、手作りという言葉の通り人の数だけのアプローチがあり、ほぼ『情報販売を行う側』になります。

プラモデル型アフィリエイトのメリットとしては「軽い気持ちで副業としてやれる、自分でセールスに繋げるための戦略を考えたりする過程がなく比較的思考停止したまま続けていられる」ことにあります。

そんなことを言うとプラモデル型アフィリエイトで稼いでいる人に「そんなことない、ネタ探しとかチャンネル削除に対する対策とか色々それなりに苦労してるよ!」と言われちゃいそうですが大体のコンテンツは『引用の集合体』で実践中のトラブルは情報商材購入後のサポートを受けながら対処できるのであれば、やっぱり比較的には『手作りアフィリエイト』の方が考えることが多いんじゃないかと思います。

そして、プロモーションアフィリエイトとの比較に出した『レビュー型アフィリエイト』も多くのサイトは『プラモデル型アフィリエイト』に該当します。

試しに『新世界アフィリエイト レビューor評判』とそのまま検索して1位から10位あたりまで見て貰えばわかりますが大体は似たような内容で言い回しがちょっと違うだけのはずです。

「こんにちは、○○です。今回は~~と評判の高い、この教材のレビューをします。」

と始まり、サービス内容の解説をある程度した後に『購入を推奨します、更に私から購入した場合はこんな特典が付きます。』と特典の説明からクロージングに続くか『この商品は良くないので購入を勧めません、もっと良い○○という商品がありますからこちらを買ってください。』とそのサイトで勧めている商品のレビューページに誘導されるような流れが一般的です。

ここが、『プラモデル型アフィリエイト』の欠点でありアフィリエイター間の競争の激化から『プロモーションアフィリエイト』という手法が生まれたきっかけです。

『新世界アフィリエイト』のセールスレターでも言及されていますが、アフィリエイトビジネスを行うとなった時に大体は「今の会社勤めでの辛い生活から解放されたい」「自分で大きな収入を得て自由な人生を謳歌したい」などの理由で始める方が多くいます。

ただ、アフィリエイト業界が情報商材のクオリティも含め成熟していくに連れて基本的な実践ノウハウが確立され、自由を求めてアフィリエイトを始めた人たちが一斉に似たようなことが書かれている情報商材を買い、同じやり方で実践し始めたために『似たようなレビューサイトが検索上位に氾濫し、同じやり方で競い合う』ような状況が生まれました。

当然、そうなれば後は単純に『どれだけ頑張っているか』が勝つ条件になります。

例えば、10万円相当の特典を付けてアフィリエイトしている人がいれば10万円以上相当の特典を付けて、1時間のスカイプコンサルティングを無料で行っている競合がいれば同じかそれ以上のサポートを付けて、誰よりも早く商品のレビューをしてとにかく少しでも優位に立たなければいけない状況が激化していきます。

そこから結果どうなるかというと「会社で働いてた頃の方が楽だったんじゃない?」と思えるような人が増え始めました。

もちろん、レビューサイトでのアフィリエイト手法は『コンテンツマーケティング』が注目されるのと同様に今でも有効なやり方で、ちょっと探せばサイトから数百万単位で稼いでいる人も多く見かけますが『経済的に自由でも、人生が自由かどうかは別問題』と言えるような状態にいる人が増えてきました。

そんな状況を打破するために『新世界アフィリエイト』で提案された一つのアイデアが『同じ土俵で戦わずに、自分用の土俵を作ってそこに人を集める』ためのノウハウでした。

商品の価値を伝えて買って貰う前に、自分の価値観や理想を伝えて『共感し、自分のファンになってくれる関係性』を構築する

プロモーションアフィリエイトでは何よりも『自分の信念、自分の理想とする世界』を重要視します。

例えば、あなたが主婦であれば『自宅で家事をこなしながら旦那の2倍の年収を稼いでしまう料理アフィリエイト』のような企画テーマを作り、ブログやYouTubeで料理の上達法や創作料理などの情報発信をして「面白い!一緒に(コミュニティに)参加して私もやってみたい!」と思わせるようなアピールをします。

ここで重要なのは最初から商品の売り込みとしてやっているのではなく自分の世界観(この例であれば自分の好きなもので情報発信をして主婦でも楽しく、家事や育児を投げ出さずに稼げるんだ)とアピールして『自分の世界観に強く共感してくれる人』を集めることが最優先になっています。

あくまで共感してくれる人を集めた上で、初めて『とある役割』を持たせながら商品のアフィリエイトをしていきます。

『自分のコミュニティに参加するためのチケット』として商材のアフィリエイトをする

『とある役割』とは『自分の世界に入る為の参加券』として商品のアフィリエイトを行うことです。

先ほど挙げた例であれば『料理系の情報商材(あればですが…)』を紹介するか『自分が情報発信するのに参考にした情報起業系の商材』などを紹介して「賛同してくれるのであれば一緒に自分がやっているようなビジネスをしませんか?」または、先ほどの例を使って「私の主催する料理の勉強会や調理スクールがあるんですけど参加しませんか?」と共感してくれる人に対して、『コミュニティに入って、そこだけで行っているサービスに参加するためにはこれを買ってください』とオファーをすることが一番最初の販売になります。

このやり方でオファーをかけると『商品が欲しくて買う』のではなく『コミュニティに入った人間だけが参加できる特別な体験』に期待して購入する流れを作れるので極端な話ですが、アフィリエイター全員が同じ商品をアフィリエイトしていたとしても『もう(この商品を)持っているから買わない』という状態を防ぐことができるメリットがあります。

『自分と自分の世界観』をプロモーションした上で商品の販売をするから『プロモーションアフィリエイト』

ここまで読むと『なぜプロモーションアフィリエイトと名付けられているのか』が分かると思います。

あくまでアフィリエイトはコミュニティに入ってくれたファンの人と深い関係を作り、『提供した付加価値をお金に換えるための仕組み作り』であり、何よりも自分の伝えたいこと、自分の目指している将来が誰かの役に立っていたり、問題を解決することが出来ていて初めて多くの収入を得る事の出来る手法になっています。

レビュー型のアフィリエイトでも客観的にレビューをしていれば読者の役に立っていますし、そのお返しに読者はあなたのサイトから商品を購入してくれますが、大きな違いは、やっている事は似ていても、『自分の新世界に惹き込んでから(惹き込むために)買って貰っている』ことにあります。

そして、自分のコミュニティに惹き込むことで、もう一つの『収入を一気に爆発させる』メリットが生まれていきます。

コミュニティを運営し、参加してくれているファンの方との意見交換を重ねることで、よりお互いが満足できる『世界』に変わり続ける

プロモーションアフィリエイトは『紹介し、ただ販売して終わる』ようなアフィリエイトではなく商品をコミュニティの参加券にすることで、『その中でだけ味わえる特別なコミュニケーション』が自然と生まれるように作られています。

1つのテーマ、理念に則ってコミュニティへ誘い、商品を買ってもらう以上は、その商品を買った上で間違ったやり方で実践しないようコミュニティの中だけで配信されるメルマガで実践にあたって独自のフォローメールを送ることもできますし、購入してコミュニティへ参加した人と、会場を用意してそのままみんなで一緒に意見交換をしながら購入した情報商材を実践する学習会を開催することもできます。

賛同者が増えれば増えるほどインターネットでもリアルでもコミュニティで積極的に学んでくれているメンバー達の要望を聞き、コミュニティを運営するアフィリエイター側もうまくいかない人のために最適なコンテンツを提供しやすくなっていきます。

ダイレクトレスポンスマーケティングの基本と同じように『会員が増えて、信頼され、結果を出す人、サービスに満足する人が増えるほど』当たり前のように信頼の数だけあなたの収入は増えていきます。

アフィリエイトは単純に1度のやり取りで販売価格の一部が報酬として手に入り、やり取りが終わりますがプロモーションアフィリエイトの場合はそこから更に『自分独自のサービスに繋げること』が容易にできるのが数千万円台の収入に繋がる秘訣になっています。

そして、プロモーション アフィリエイトをより簡単に実践できるように作られたツールが『Cyfons -新世界スクールシステム-』

ここまで読んでもらえれば『プロモーションアフィリエイトがどんな手法か』はわかってもらえたかと思います。

ただ、実践したくても「ブログの運営はまだしも会員サイトとかメルマガとか用意するのが・・・」と及び腰になってしまう人がいると思います。

そんな人のために用意されており私も使っているのが『Cyfons -新世界スクールシステム-』です。

レビュー記事を読んでもらえればわかりますが冒頭でもお伝えした通り『プロモーションアフィリエイトを始めるにあたって必要なものが一通りまとめて手に入る商品』です。

私のコミュニティに入る為の商品にもなっています。

もし、ここまで読み進めていてまだCyfonsの存在を知らないのであればぜひ内容をご確認ください。

Facebookページとの併用がおススメです

Cyfonsはメルマガ配信システムが月額の支払いではなく払いきりで利用できる事や、WordPressテンプレートなど一通り必要なものがまとめて手に入ることが大きなメリットとして伝えられがちですが、私個人が一番重要視している部分がこのFaceBookページと併用することによるメリットです。

正直、ここを気にしないのであればCyfons特有のメリットはメルマガ配信システムの部分くらいじゃないかと思うくらい併用にこだわっています。

そのほか、Cyfonsを活用することについてのコラムはこちらをご覧ください

『私の世界』ではセルフコーチング(TPIE)と組み合わせた学習を重ねて、より多くの人が幸せに暮らせる世の中を考えています

最後に、私のコミュニティであるClubAffilithinkの紹介を行います。

宇野経済論の話から、エンクロージャー(囲い込み)の歴史などなるべくロジカルに『私の世界』について書き記しました。

ここまでプロモーションアフィリエイトについて解説した通りに、私の目標に賛同してくれるより多くの方と、お互いに良い経験を重ねていければこれ以上ない幸せです。

関連記事

  1. 【評価】Cyfons -新世界スクールシステム-【レビュー】

  2. FacebookページとCyfonsを併用する事による役割の違いを考え…

  3. 【おすすめサイト】木坂健宣との対話【紹介】

  4. 【新田祐士】新世界アフィリエイト【レビュー】

  5. 『Cyfons -新世界スクールシステム-』における『特典』の役割を考…

PAGE TOP